読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是精進

日々の備忘録

YJキャピタルとEast Venturesのアクセラレータープログラム「Code Republic(コードリパブリック)」スタート

f:id:oguri333:20160425183001j:plain

ヤフー系VCの「YJキャピタル」と独立系VCの「East Ventures」が共同でアクセラレータープログラムを開始との事。

Code Republic(コードリパブリック)
(4月25日から第1期参加者募集。プログラム期間は3カ月。今後は年2回ペースで開催予定。対象はネット系ビジネス。)
http://jp.techcrunch.com/2016/04/25/code-republic/

メンターを見るとネット業界の錚々たる顔ぶれで、日本のアクセラレータープログラムもヤフーが関わると広がりのスピード感が増しそうだなぁと感じる所です。

ちなみに起業家支援を担う存在として、アクセラレーターとインキュベーターは正直なところ同じようなものかと思っていましたが、違うようでした。

アクセラレーター:
期間が設定されていて、参加企業が数カ月の中でメンターのグループと協力し、ビジネスを構築して行く。1~2%の狭き門ですが、シード投資と、多くの有力メンターの方々への接点が得られ、ビジネスが文字通り加速される。
スタートアップ企業に対しての支援を行うシードアクセラレーターではDropboxAirbnbを輩出したシリコンバレーの「Y Combinator」や「Techstars」、「The Brandery」が有名な存在。
プログラムの最後には投資家とメディアに対してのプレゼン大会が用意されているとの事。(1、2年分のスピードアップ)

インキュベーター
期間やスケジュールが定められてなく、アクセラレータープログラムに参加する会社よりも更に若い段階にある企業を対象としている。


2010年に日本に入ってきたという「アクセラレータープログラム」は投資会社が提供するものから一般企業の提供するという流れに。
最近のものも含め、どのようなものがあったのか見てみると、知らなかったものも結構ありました。

富士通アクセラレータプログラム(富士通
■青山スタートアップアクセラレーションセンター(トーマツ系)
■Incubate Camp(インキュベイトファンド
■Open Network Lab Seed Accelerator Program(Open Network Lab)
■起業チャレンジ インキュベーションプログラム(スカイライトコンサルティング
KDDI ∞ Labo(KDDI Open Innovation Fund)
■STARTUP SCHOOL(Skyland Ventures)
■TECH TEMPLE TOKYO(インフィニティ・ベンチャーズ
■TOKYO STARTUP GATEWAY(東京都)
■ドコモ・イノベーションビレッジ(NTTドコモベンチャーズ
■BEENOS Investment Program(ネットプライスドットコム
MOVIDA Seed Acceleration Program(MOVIDA JAPAN)
■SUSANOO(特定非営利活動法人 ETIC.(エティック))
■TECH PLANTER(リバネス
■Asahi Shimbun Accelerator Program(朝日新聞

社会起業家育成に特化
社会起業塾イニシアティブ

○所謂起業ではなく、企業内起業家を育成するプログラム
インターウォーズ(イントレプレナー育成塾

ちなみに2016年は東京都が主催するスタートアップコンテスト
TOKYO STARTUP GATEWAY 2016」があるようです。