読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是精進

日々の備忘録

親の介護、まだ大丈夫だけど、何となく準備するには【親ブック】

サービス 企業 介護

f:id:oguri333:20160428173401j:plain

実際に介護が始まると、食が細くなったり、最近の事から忘れていくので、嗜好性や昔の事を沢山知っておくという事がとても重要とのお話を聞きました。専門的な事とは異なりますが、「親の事を知る」という観点で役立ちそうなものがありました。

親ブック
WEBサービスではなく、アナログなノートです。

このノートを親と一緒に見ながら会話していると、親の興味関心から日常で利用している美容院やスーパー、昔好きだった映画やアイドル、行ったことのある旅先などなどが自然に網羅的に埋めていけるという優れものです。


面と向かって聞きづらい人は、子供をだしにして聞いていく使い方もアリかなと。
見本:
http://www.adjustbook.com/doc/Index/show/us/7335/bk/11138#/p11_12/

「親の介護の為に離職します」という事は、個人にとっても辛い事ですが、企業人事側の立場でも介護による離職は対処方法を考えないといけない課題の一つなのかなと。

こちらの会社「ケアポット」では研修も行っているようなので、社員の介護離職の対策を経営陣から求められている管理部門の方にも良さそうです。

個人的に前回の帰省時に使ってみましたが、思った以上に母親との会話が盛り上り、照れくさいけど親との会話は大事だなと感じた次第です。