読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是精進

日々の備忘録

半導体用途一覧、一般知識(2016)

ビジネス 半導体

f:id:oguri333:20160622133532j:plain


パソコンや車、テレビなどの電化製品には必ず使われている半導体
今更な事も多いですが、半導体の一般論を調べたときの覚書。

こちらの記事によると半導体メーカは以下の理由で不調との事。
・PC、スマートフォンなど主要な電気製品の需要減退
半導体の過剰在庫
・ユーロや円など主要通貨に対するドル高が続くため

インテルが「従業員の11%にあたる1万2000人削減、2017年にも」という記事もありました。

インテルは主力ビジネスをPCから「IoT」にシフトしていく計画との事ですが、IoTやウェアラブルエレクトロニクス分野はまだまだこれからのようで、2016年の半導体の売上に大きく貢献するところまではいかないようです。半導体メーカが直近で注目しているのは「車」という話を聞きます。

先端半導体メーカーが最近投資しているのは以下の生産設備との事。
・3次元デバイス(3Dトランジスタ(Fin FET))
・3D NAND型フラッシュメモリ

ICの用途:
パソコン・OA機器(パソコン、FAX)
コミュニケーション製品(ガラケー、電話機)
携帯端末(タブレットスマホ
AV機器(テレビ、ビデオカメラ、DVD、音楽プレイヤー)
娯楽(ゲーム機)
家電(電子レンジ、洗濯機、エアコン)
インフラ(電車、放送機器、自販機、銀行ATM)
FA、自動化機器(産業用ロボット、監視カメラ)
自動車電装部品(自動車、カーナビ)
(参考:https://www.nikkei4946.com/zenzukai/detail.aspx?zenzukai=88

 

様々なものに使われるため、ゼロにはなりえませんが、今後の半導体業界の成長は車の伸びと、IoTの広がりに大きく左右されそうです。

世界のDRAM市場シェア:
・1991年
東芝:13.7%
サムスン電子(韓国):12.7%
NEC:10.6%
日立:9.5%
テキサス・インスツルメンツ(米):8.2%
その他:45.3%

・2015年
サムスン電子(韓国):40.2%
SKハイニックス(韓国):27.4%
マイクロンテクノロジー(米):24.6%
その他:7.8%


半導体製造装置シェア(2014):
アプライドマテリアルズ(米)(18.6%)
②ASML(オランダ)(16.6%)
東京エレクトロン(13.75)
④ラムリサーチ(米)(11.3%)
⑤KLAコンテール(米)(6.4%)
その他(33.4%)

半導体製造装置シェア(2015):
アプライドマテリアルズ(米)(19.1%)
②ラムリサーチ(米)(14.3%)
③ASML(オランダ)(14.1%)
東京エレクトロン(12.9%)
⑤KLAコンテール(米)(6.1%)
その他()
2015年の半導体製造装置市場 - ガートナー調べ


そもそもですが、半導体(セミコンダクター)とは導体と不導体の中間の性質を示す物質。

導体は電気を通しやすい物質。(金、銅、アルミニウム 等)
不導体(絶縁体)は電気を通しにくいもの。(ガラス、ポリエチレン、磁器 等)

現在は主にシリコン(ケイ素:Si)が使用されるようです。
(当初はゲルマニウム(Ge)を使用)

この為、「半導体」とは本来はシリコンなどの物質を意味するものの、一般的には「半導体を用いた電子部品(半導体素子)や、それらを集積したICやLSI 等」を意味します。

半導体をかまぼこに例えると、ウェハーはかまぼこの板。
半導体メーカは、ウェハーを上記企業から購入し、その上に載せていくようなイメージとの事。その結果出来るのが以下のようなもの。

・メモリーDRAMフラッシュメモリー)(記憶装置)
・マイクロプロセッサー(MPU=超小型演算処理装置)(演算装置)
発光ダイオード
・CCDイメージセンサー(画像認識機能)

ウェハーは、半導体素子製造の材料で高度に組成を管理した単結晶シリコンのような素材で作られた円柱状のインゴットを、薄くスライスした円盤状の板。

半導体のウェハーの大きさ(1インチは2.5cm(25mm))
4インチ =100mm
6インチ =150mm
8インチ =200mm
12インチ =300mm

ウェハーの直径は50mm~300mm(2インチ~12インチ)まであり、径が大きいと1枚のウェハーから多くの集積回路チップを切り出せるため、年と共に大径化していて、国内は主に8インチで海外は12インチへ移行しているようです。

ウェハーの主要メーカー
信越半導体 世界1位
SUMCO(三菱住友シリコン) 世界2位
・エム・イー・エム・シー・エレクトロニック・マテリアルズ(英語版) 世界3位
・シルトロニック(ドイツ語版)(旧ヴッカー・シルトロニックAG) 世界4位
・サムコ・テクシブ(旧コマツ電子金属
・コバレントマテリアル(旧東芝セラミックス)
昭和電工
・LGシルトロン(旧シルトロン)
wikiより